食品パッケージと製造現場の安全管理

食品のパッケージにはいくつかの要素があり、消費者が安全に食べることを目的として包装されることになります。
例えば外部との遮断がされていない場合には、埃や汚れなどが付着して衛生的ではありません。
虫などが寄ってきてしまい異物の混入や虫害が発生してしまうことも考えられます。
そのようなことが起きないように、生産現場を経て包装場でパッケージを施されて段ボールなどに詰められて、スーパーやコンビニに運ばれることによって市場に流通するのです。

食品包装の工程について

生産ラインでは商品の目視検査を行い、添付品の投入や加工を行い、透明ビニールで包装したりカップ容器で包んだりなどをしてから、外装の処理を行い金属検査やX線での異物混入などの検査を行ってから、良品だけを出荷するようにしています。
不良の疑いがある場合には、ラインの外に一度弾かれますので、さらに再検査を行い問題がなければラインに流されて製品かされるのです。
こうした二重三重の安全処理を行うことで、不良品の発生を抑えて食の安全を確保しています。
包装場では機械が主な作業をしてくれますが、機械に具材を投入したり資材を付け足すのはオペレーターの役割になるのです。
一日の生産量を把握して製品の切り替えがある時には、同じ商品の中に違う具材などが混入しないように注意して仕事をすることになります。

ミスマッチが起きないようなマネジメントも現場単位で行われる

限定生産品などを多く作るラインでは切り替え作業が多いので、添付品の在庫を把握しておき、ミスマッチが起きないようなマネジメントも現場単位で行われるのです。
これはトレー容器やカップ容器などでも同様であり、各部材の在庫を正しく把握しておかなければ予定数が生産出来なくなり、関係各所に迷惑をかけてしまうことになります。
食品の包装をする時にはビニールや包装紙などのロールを機械にセットして、高速回転させてアッセンブリーを行います。
製品をパッケージで挟んでしまったり、熱圧着部分に噛んでしまうこともありますので注意が必要です。
包装部分の圧着部に噛みが発生してしまうとそこから外気が触れてしまい、小さな虫などが混入する原因にもなりかねません。
だからチェックは目視で行うと共に、画像診断の機械も通してダブルチェックをする流れが通常になります。

大手食品会社ではPPMという100万個あたりの不良率の目標がある

大手食品会社ではPPMという100万個あたりの不良率の目標があり、少なければ少ないほど良いとされております。
極まれにですが金属検査をしていても、ラインを構成する金属パーツが行方不明になってしまうこともあるのです。
その場合には発覚時の製品を出荷を取りやめして、部品の検索や商品の全数検査や廃棄をすることも考えられます。
製品を作るには電気代や材料代や人件費などの大きな出費がありますが、製品の信頼を守り消費者に不利益になることをしないことがメーカーの責任になるのです。
だからこそ普段から製品作りだけではなく、ラインの保守点検などが必要になります。
そしてラインのパーツが脱落しやすいなどのデメリットがあるのならば、対策を考えて異物混入を防がなければなりません。
製品に関しての検査も定期的に行い、成分表通りの素材で作られているかなどを確認します。
また微生物の数が規定内であることや、試食してみて問題がないかなども定期的にチェックされるのです。

中小企業の場合には外部のデザイン会社へ委託

こうした仕事には品質管理の人員が担当して、結果に問題があればラインを停止させなければいけません。
とくに新商品などはチェックを複数回行って、味や品質を何度もチェックしながら生産と出荷を行っております。
食品のパッケージのデザインは大きな会社ならば自社内で行いますが、中小企業の場合には朋和産業など外部のデザイン会社へ委託することが通常の流れになります。
商品の画像の上に商品名のタイトルを置き、イメージと完成予想などをユーザーに分かってもらえるようにデザインをするのです。
通常は裏面やサイド部分に、内容量や成分表を載せておいて、さらにアレルギー物質などを表示するのが現在行われていることになります。
パッケージ部分には外装包装部分にロットナンバーと共に賞味期限が刻印され、何か問題が起こってしまった時には回収指示の目安になるのです。
現在の食品はプラスチックなどの合成素材で包装されるケースが多くありますが、場合によっては金属で缶詰として包装されることもあります。
保管期間が長いことがメリットであり、出荷前に殺菌消毒されてから市場に流通するので長期間の保存も可能なのです。
身近にある食品は現在スーパーやコンビニやドラッグストアで購入するケースが大半であり、生鮮の野菜や果物や魚や肉など以外はプラスチック容器で包装されております。

まとめ

安価で場所も取らずに確実に外部との遮断が出来るので、世界的にこの方式が主流になっているのです。
今後は海洋汚染や大気汚染や、石油の枯渇などの問題を背景にして脱プラスチック化が推進されております。
未来のパッケージを消費者単位で考えるべき時代が、すぐそこまでやってきているのです。