USCPAの資格取得は転職が有利に働く

「USCPAの資格を取りたい」
「監査法人の年収は?」
「USCPAの資格取得に向いている人は?」

ビジネスに携わる上でキャリアアップを狙いたいと思う人も多いかもしれませんが、キャリアアップの1つの手段として資格取得が挙げられます。
キャリアアップにつながる資格の1つに、米国公認会計士と呼ばれるものがあります。
米国公認会計士は英語で表すとUSCPAということになりますが、会社を経営する上で重要となる会計や財務、財務などのような基本的な能力があると認められた会計士資格のことを指しています。
一般的に資格を有していると、監査法人や金融系の企業、外資系企業などに勤めることができ、給与水準も高くなります。

【横山氏の教え】スタートアップ企業に就職することのメリットやデメリット

監査法人等の場合には30代でも年収が1000万円を超える可能性も

監査法人等の場合には30代でも年収が1000万円を超える可能性も大いに期待できます。
アメリカ国内で名の知られている監査法人等においては、必ず米国公認会計士の資格が必要です。
日本においても海外とのつながりがある企業や監査法人等においては、会計専門職、コンサルティング会社などにより資格を生かすことができるでしょう。
日本においては企業におけるグローバル化が進みつつあり、投資先の経営分析を行う際には英文財務諸表を読み取ることができる米国公認会計士の需要が高まっています。
大手会計事務所においても、日本の公認会計士と同じような扱いを受けられたりと、日本国内ではキャリアアップ、転職にも非常に有利だと言われています。

米国公認会計士の資格を取得するメリット

グローバルに活躍できる

米国公認会計士の資格を取得することのメリットとしては、なんといってもグローバルに活躍できることです。
国際的に1番よく知られている資格の1つにあたり、グローバルに事業展開する企業の採用担当者にも認識されています。
採用選考の際には資格を持っていることで高評価につながる可能性が期待できます。
カナダやオーストラリア、香港などの場合には相互承認制度があるので、新しく会計士の資格を取得しなくても働くことができます。

英語能力の証明にもつながる

そして英語能力の証明にもつながることです。
米国公認会計士の資格を取得したいとなった場合には、会計実務について英語で学ぶ必要があります。
財務用語などを理解する英語力は必須事項と言えるでしょう。
英語で自分の考えを表現しなければならず、資格保有者であると言う事は、優れた英会話力があることの証にもなるのです。
日本はグローバル化が進んでいますが、このようなことから世界に通用するような英語力がどのような分野でも求められています。
ビジネス英語を操ることができる能力を表明する手段として、大きな武器になります。

転職の範囲も広がる

さらには転職の範囲も広がります。
グローバルに事業を展開する企業では、米国公認会計士が幅広い業種で必要とされているのが実情です。
転職、キャリアアップを狙うのであれば、近くを保有していれば非常に有利に働きます。
外資系企業においても転職しやすい傾向にあり、転職の幅が大きく広がります。

米国公認会計士が求められる業種

外資系企業の経理職

このような米国公認会計士が求められる業種としては、まずは外資系企業の経理職が挙げられます。
日本の一般企業と比べると給与面でもかなり恵まれています。
日本の子会社での勤務となるため、親会社に対して報告することが1つの業務になり、業務内容はある程度限られることでしょう。

監査法人や会計事務所

そして監査法人や会計事務所です。
会計士のスキルを高めたいと言う人に最もオススメであり、給与面でも日本の公認会計士と比べてもそれほど違いはありません。
専門性の高い求人が多く、中途採用の門戸はそれほど広いものとは言えないでしょう。
仕事は忙しいですがビジネス感覚が自然と身について、会計処理がハイレベルになります。
後に大きなキャリアアップにつながることでしょう。

コンサルティングファームやITコンサルファーム

そしてコンサルティングファームやITコンサルファームです。
海外の子会社に総合的なアドバイスを行う国際ビジネスコンサルティングや、欧米型会計システムの導入に際してアドバイスをする会計システムコンサルティングなど、様々な活躍分野が期待できます。
業務内容はきついですが、給与面においてはかなり恵まれていると言えるでしょう。

米国公認会計士に向いている人の特徴

外資系企業に転職をしたい人

このような米国公認会計士に向いている人の特徴としては、海外で働きたい、英語が好きな人が挙げられます。
外資系企業に転職をしたいと考えている場合には、特に資格取得はお勧めです。

英会話力がある人

英会話力、また会計の知識があると認められるので、日本企業ではかなりの需要が高まっています。
海外赴任を任せられる可能性も高まることでしょう。
英語能力が必須であり、TOEIC800点以上、英検準1級以上が1つの目安です。
試験はすべて出題が英語であり、合格した後も実地教育を積む必要があるため、英語の勉強が好きな人にはお勧めです。

問題解決能力がある人

さらには問題解決能力がある人です。
公認会計士試験は難関試験の1つにあたり、合格するためにはコツコツと勉強をしていく必要があり、さらには論理的な思考力も必要です。

まとめ

試験においては数学的な要素が出題される事はほとんどないものの、税務や会計における高い知識が必要なので、理系の人にはお勧めの資格です。