【要注意】自己啓発がもたらす様々な弊害を考える

この記事は以下のような人におすすめです

・自己啓発の本を探している
・正しい自己啓発の方法を知りたい
・人間関係に悩んでいるので改善したい

自己啓発と聞くと、自分の実力を向上させるために有意義なものと考える人が少なくありません。
実際に自分自身で様々な方法を用いて能力を高めようとする事は良いことですが、そのための手法は十分に吟味して選ばないと、様々な問題を生み出すことになります。
様々な自己啓発本等を読み、ここに書かれていることを実践する事は自分自身にない新しい知識や能力を得るために非常に有効なことであると思われている面があります。
確かに、ビジネス上では一般的には様々な成功の法則などが描かれていることが多く、これを真似することで自分自身にはない様々な方法を習得することができる場合が多いものです。
そのためこれらを参考に自分の仕事の仕方を変えて様々なチャレンジを行う事は良いものとされていますが、そのために様々なこれまでの良い面を失ってしまうことも多いので注意をしなければなりません。

間違った自己啓発がもたらす問題点

例えば良い仕事仲間を失ってしまったり、もしくはこれまで正しいと考えていたことを否定するようになることで、周囲に様々な弊害を招くことになるのです。
周りから自分自身の手柄を求める傾向が強くなったと思われてしまうことになる場合もあり、人間関係を悪くすることにもつながりかねません。
さらにセミナーの中には、これまでの本人の考え方や人格を否定するような内容のものもあるため、これにも十分に注意が必要です。
その場合には1種の洗脳教育のような状態に陥ることもあり、そのために自分自身が仕事が出来るような錯覚に陥ることも多いものです。
特に気弱な人の場合にはこのような教育を受けることで強気になり、周りに対する気配りができなくなってしまうと言うことも多いので十分に注意をしなければなりません。
自己啓発は自分自身の良い面を伸ばすことが重要ですが、当初は多くの人は自分の持っているものがすべて仕事の上ではマイナスの材料になると考えてしまうことが多いものです。
そのため自己啓発によって自分を180度変えてしまいたいと考えることも多いのですが、これは決して良い方法ではありません。

自分の長所と欠点を十分に理解することが大切

あくまでも自分の良い面を伸ばし、欠点を補う方法を習得することが重要なポイントであるため、この点を見失ってしまうと本来の目的を果たすことができても、それは様々な問題を生み出すことになるため注意が必要です。
自己啓発を効果的に行うためには、自分の長所と欠点を十分に理解することが大切です。
多くの人は仕事で失敗をしたり、また様々なトラブルを招いてしまった際に自分自身の欠点を責める傾向がありますが、これが失敗した要因は自分1人にあるのではなく、様々な問題が重なったために起こったことである場合が多いためこれを冷静に分析することが重要です。
仕事を上手にこなすようにするためには、常に様々な物事を分析し、その要因と結果を結びつけて考えることが必要となります。
その中には自分の欠点や長所などが入り混じっていることが多いため、その中から最適な方法を導くことが仕事の能力の向上につながるものです。

必ずしもすべての例に当てはまるものではない

しかし実際にはこのような方法は自己啓発ではあまり扱われておらず、それよりも一般的に提唱される様々な技術やセオリーを習得することに重きが置かれることが少なくありません。
ビジネス本などでは特にこのセオリーを提唱することで、この通りに行うことにより様々な問題を解決することができると謳われていることが多いものです。
これらの内容はこれまで多くの人が実際に実践し成功してきたものであることが多いのですが、必ずしもこれがすべての例に当てはまるものではないことも認識しておく必要があります。
様々な問題を解決するためには、これを解決する手段を自分自身の能力や知識として習得しておくことが大切です。
またその解決方法は人によってそれぞれ異なり、様々な能力を駆使して総合的な手段で解決することが最も良い方法となっています。

実際のビジネスは人間と人間の様々な関連性が生み出すもの

多くの場面で提唱されるビジネスのセオリーは基本的にはマニュアルのようなものであり、その通りに実行していれば物事をスムーズに進めることができると考えられていますが、実際のビジネスは人間と人間の様々な関連性が生み出すものであるため、その中には多くの不確定要素が隠れているのが実態です。
これらに柔軟に対処するためには、一般的なセオリーだけでは不可能であり、様々な経験と知識を積み重ねてその豊富な内容の中から最適な方法を選び出すことが重要となるのです。
自己啓発は自分自身の能力を高める有効な方法と注目されることが多いのですが、必ずしもこれが自分にとって良いものとは限らないことを意識することが大切です。
基本的には人それぞれの個性を磨くことがビジネスの世界でも様々な場面で通用するものとなっているため、この目的を十分に意識した上で様々な方法を模索することが良い方法となります。

まとめ

ブームに惑わされずに、自分だけの方法を見つけることが能力を高める上で最も重要なこととなっています。