朋和産業に入る前に知っておく事

「朋和産業の社員になりたい」
「朋和産業ってどんな会社か知りたい」
「朋和産業の評判は?」

朋和産業と呼ばれる会社がありますが、この会社は大手企業と言うわけではないものの、それなりに知名度がある会社になります。
もしこれから社員になりたい場合には、どのような心構えでいたら良いでしょうか。
これに関しては様々な意見がある中で、やはり社員で入るならばしっかりとした土台が必要になります。

食品パッケージと製造現場の安全管理

朋和産業に社員として入る方法

社員として入るといっても2種類の方法があり、1つは新入社員で入る方法があるわけです。
もう一つは、中途採用社員として入るケースもあるかもしれません。
新入社員で入る場合、高校や大学等を卒業してこの会社に入るわけですが、おそらく右も左もわかっていない状況といえます。
会社側も、ある程度社員教育と言うのをしっかりしているため、まずは右も左もわからない学生たちに対して少しずつ指導していきます。
そんな中で、実際に理想と違うと言う事はよくあることかもしれません。
学生であれば、アルバイトをしていた経験があるかもしれませんが、実際に採用するときの条件と採用されてからの条件というのが違うと言う事は少なくないです。
会社員になると、さらにそれが顕著になる可能性も否定できません。
例えば、会社によってまちまちですが、週休2日制と書かれておきながら、実際には週休2日制になっていないようなところもあるでしょう。
一方で、毎日朝の8時半から夕方の5時まで仕事と書いてあるにもかかわらず、ほとんどの日が夕方の5時半に終わる事はなく7時過ぎまで残業していると言うこともあります。

社会人であればある程度条件と多少違う位ならば許した方が良い

このようになっているのは、会社が嘘をついていると言う部分もあるかもしれません。
確かに条件と違う結果になると言う事は、どの会社でもあり得ることですがこれをどのように受け止めるかです。
社会人であれば、ある程度条件と多少違う位ならば許した方が良いかもしれません。
条件と全く同じ会社と言うのはほぼ存在せず、やはり条件と違うと言うことが考えられます。
このように考えると、多少自分にとって都合が悪いことがあったとしても、その点は我慢した方が良いです。
何故かと言えば、結局1つの会社に勤務をして条件が違うからやめてしまったとしても、他の会社でも同じようなことが起こり得るからです。
これをやっていると、いつまでたっても1つの会社で働き続けると言うことがなくなってしまいます。
もし本当に理想を求めるならば、完全に独立をした方が良いでしょう。
独立をすれば、自分の会社を立ち上げることができ好きなように会社を作ることができるわけです。
もちろん独立がそんな簡単にできるものではなく、やはりほとんどの人が失敗するようにある程度の経験が必要になるといっても言い過ぎではありません。

周りについていけば自分もそれなりの能力が身に付く

会社を立ち上げた場合、基本的にやる事は似たようなものになりますが、今回は社員として雇われると言う意味で語るとするならばやはり、ある程度はエレベーターやエスカレーターなどに乗るのと同じような感じになります。
つまり、周りについていけば自分もそれなりの能力が身に付くと言うことです。
ただ最終的にその人の持っている力や才能と言うものがありますので、他の新しく入った社員たちと同じようにこの会社で仕事をしていても、皆が同じ結果になるわけではありません。
人によっては、全く違う結果が出ると言うことがあります。
この辺は、新卒であれば特に顕著になるでしょう。
中途採用の場合には、採用される時期がバラバラでその人のキャリアもバラバラになりますので、はっきりとした違いが出るといっても言い過ぎではありません。
しかしながら、新卒の場合には皆が同じ位の年齢で同じような学歴の人たちになりますので、そこまで極端な差が出る事はないでしょう。
しかし、3年から5年も経過するし、少しずつその差が開くようになり、結果的に一人ひとりの実力と言うものに違いが出てきます。

その会社の中でしっかりと出世したければ

そんな中で、自分はどのように従業員としてやっていくかと言うところを真剣に考えなければいけないわけです。
もし、その会社の中でしっかりと出世したければ、まず基本的な仕事ができることと同時に、上司から厚い信頼を得ることが大事であります。
この信頼を得ると言うのはコピーを手伝うと言うことではなく、しっかりと実績を残すことです。
数字としてしっかりとした実績を残せば、それなりの出世街道を歩むことができるかもしれません。
結果的に、自分の理想通りのサラリーマン生活とは言わないですが、それなりの満足できる生活を期待できるでしょう。
星中と汎用で入るとすれば、中途採用にはそれなりの経験が求められています。
即戦力になるように働くことが条件になるため、最初からかなりハードルが高くなるといっても言い過ぎではありません。
この会社で働くとする場合、やはり人間関係と言うものもとても重要になります。

まとめ

それまで社員としてどのように培ってきたかと言うことを考え、自分らしく結果を出すようにしましょう。
これによりもしかしたら、その会社の中でトップレベルの人になれる可能性も否定できません。

【光本塾】投資家になるために知っておきたいこと

「投資家になる方法を知りたい」
「投資家ってどれぐらい資金が必要なの?」
「光本勇介さんの評判や経歴が知りたい」

投資家と聞いて、どのような職業なのかはっきりとイメージできる人は少ないのではないでしょうか。
投資家とは投資によって収入を得ている人のことを指します。
主に株式や投資信託・債券・外貨預金・金などの商品などによって、資金を継続的に運用して、利益を得ます。
例えば不動産の場合は、不動産に資金を投じて、継続的に家賃収入として利益を生み出している人達や、所有している物件や土地などの価格が上がった時に売りに出すことで、大きな利益を得ている人達等を指します。
わかりやすく言うと、金融資産を投じて収入を得ることができる人達と言うことです。

【横山氏の教え】スタートアップ企業に就職することのメリットやデメリット

光本勇介さんのような個人投資家の特徴

個人投資家は、読んで字のごとく光本勇介のように個人で投資をおこなっている人になります。
自身の資産を投資することで利益を得ています。
趣味の範囲で楽しんで投資をおこなっている人や、資産を運用して今よりも大きな資産にすることを目的として投資をしている人・副業として投資をしている人など目的はそれぞれ異なります。
専業投資家は、投資による収入だけで生計を立てている人のことを言います。
短期的な取引をおこなって確実な利益を上げたり、株式の配当金や、不動産家賃の収入などを主な収入源として成り立っている人達のことを指します。
機関投資家とは、会社などの組織属して投資をおこなっている人のことを呼び、顧客から預かった資金をもとに投資をするので、個人でおこなう投資に比べるとかなり大きな金額を取り扱うことになるといった特徴があります。
個人が購入することができる投資信託会社や、生命保険会社・損害保険会社・年金基金などの団体のことを指し、私たちが税金を納めて成り立っている国民年金の一部は、GPIFという機関が厚生労働省からの委託をうけ管理・運用しています。

個人投資家になる方法

ではこの職業に就くにはどのような方法があるのでしょうか。
必要な資格などいるのか疑問に思っている方は多いのですが、資格がなくてもなることができます。
しかし投資というものは、運任せで成り立つような簡単なものではないので、投資に関する知識を持っておくことが大切になります。
知識がないと、投資によって大切な資産を失ってしまうようなことになりかねないです。
投資によって利益を上げるためには投資に関する勉強や、日本経済の状況・世界情勢などのニュースを把握しておく必要があります。
学歴なども一切問わない職業になりますが、大学の経済学部・経営学部・商学部などを卒業していると、投資に活かすことができます。
株式投資で利益を出したい場合などは、経済学が有利です。
これから成長するであろう企業を見極めたり、企業の経営状況を判断することができるからです。
しかしこれらの投資に関する知識は、大学や専門的な学校を卒業しなくても、書籍やセミナーなどで学んで知識を身につけることが可能になるので、本人の努力次第ということになります。

始めるにあたってどのくらいの資金が必要になる?

では始めるにあたってどのくらいの資金が必要になるのでしょうか。
それは得たい年収によって資金の額は異なります。
特に専業で始める場合は利益を多く得る必要があるので、兼業に比べて大きな資金が必要です。
しかし趣味程度で投資をする場合などは、少額でも投資を始めることができるので大きな資金が無くても大丈夫です。
投資の種類もさまざまあり、株式投資や国債・投資信託などを挙げることができるので、どれか1つに絞るのではなく、分散投資をおこなってリスクを回避させることが大切なので、投資の種類のそれぞれの特徴を知っておくようにしましょう。
株式投資は企業が発行している株式を買って、企業に利益が出た際に得られる配当金や株主優待を受け取る投資の方法になり、投資と聞くとこの株式投資のことを頭に思い浮かべる方が多いといったことからメジャーな投資方法になります。
国債は国が発行する債券のことを指し、国債を買って国に貸し付けたお金は、期日になると返済される仕組みです。
その貸付期間の応じた利子を受け取ることで利益を上げることができます。
国債は一万円の少額から始めることができ、固定金利型3年満期・固定金利型5年満期・変動金利10年満期の3つの中から選べます。
国が元本を保証していて、最低金利保障もあるので、安全に投資をおこなうことができます。
投資信託は複数の人から資金を集めて専門家が運用する投資方法になります。
専門家が株式などに投資をおこなって運用することで、そこで得ることができた利益を投資した人達に分配するシステムになっています。
投資のプロが変わりに運用してくれるので、知識があまりない人や、初心者の人など安心して投資をすることができることが良い点です。

まとめ

投資家になった場合のメリットは、効率よく資産形成をすることができる点になります。
銀行の金利はとても低く資産形成には使えないのですが、利回りが良い投資をすることで、短期間で資産を増やすことを可能とします。
インタネットの環境があればどこでも仕事ができる点や、将来失業や定年の心配が無い点もメリットの部分になります。

USCPAの資格取得は転職が有利に働く

「USCPAの資格を取りたい」
「監査法人の年収は?」
「USCPAの資格取得に向いている人は?」

ビジネスに携わる上でキャリアアップを狙いたいと思う人も多いかもしれませんが、キャリアアップの1つの手段として資格取得が挙げられます。
キャリアアップにつながる資格の1つに、米国公認会計士と呼ばれるものがあります。
米国公認会計士は英語で表すとUSCPAということになりますが、会社を経営する上で重要となる会計や財務、財務などのような基本的な能力があると認められた会計士資格のことを指しています。
一般的に資格を有していると、監査法人や金融系の企業、外資系企業などに勤めることができ、給与水準も高くなります。

【横山氏の教え】スタートアップ企業に就職することのメリットやデメリット

監査法人等の場合には30代でも年収が1000万円を超える可能性も

監査法人等の場合には30代でも年収が1000万円を超える可能性も大いに期待できます。
アメリカ国内で名の知られている監査法人等においては、必ず米国公認会計士の資格が必要です。
日本においても海外とのつながりがある企業や監査法人等においては、会計専門職、コンサルティング会社などにより資格を生かすことができるでしょう。
日本においては企業におけるグローバル化が進みつつあり、投資先の経営分析を行う際には英文財務諸表を読み取ることができる米国公認会計士の需要が高まっています。
大手会計事務所においても、日本の公認会計士と同じような扱いを受けられたりと、日本国内ではキャリアアップ、転職にも非常に有利だと言われています。

米国公認会計士の資格を取得するメリット

グローバルに活躍できる

米国公認会計士の資格を取得することのメリットとしては、なんといってもグローバルに活躍できることです。
国際的に1番よく知られている資格の1つにあたり、グローバルに事業展開する企業の採用担当者にも認識されています。
採用選考の際には資格を持っていることで高評価につながる可能性が期待できます。
カナダやオーストラリア、香港などの場合には相互承認制度があるので、新しく会計士の資格を取得しなくても働くことができます。

英語能力の証明にもつながる

そして英語能力の証明にもつながることです。
米国公認会計士の資格を取得したいとなった場合には、会計実務について英語で学ぶ必要があります。
財務用語などを理解する英語力は必須事項と言えるでしょう。
英語で自分の考えを表現しなければならず、資格保有者であると言う事は、優れた英会話力があることの証にもなるのです。
日本はグローバル化が進んでいますが、このようなことから世界に通用するような英語力がどのような分野でも求められています。
ビジネス英語を操ることができる能力を表明する手段として、大きな武器になります。

転職の範囲も広がる

さらには転職の範囲も広がります。
グローバルに事業を展開する企業では、米国公認会計士が幅広い業種で必要とされているのが実情です。
転職、キャリアアップを狙うのであれば、近くを保有していれば非常に有利に働きます。
外資系企業においても転職しやすい傾向にあり、転職の幅が大きく広がります。

米国公認会計士が求められる業種

外資系企業の経理職

このような米国公認会計士が求められる業種としては、まずは外資系企業の経理職が挙げられます。
日本の一般企業と比べると給与面でもかなり恵まれています。
日本の子会社での勤務となるため、親会社に対して報告することが1つの業務になり、業務内容はある程度限られることでしょう。

監査法人や会計事務所

そして監査法人や会計事務所です。
会計士のスキルを高めたいと言う人に最もオススメであり、給与面でも日本の公認会計士と比べてもそれほど違いはありません。
専門性の高い求人が多く、中途採用の門戸はそれほど広いものとは言えないでしょう。
仕事は忙しいですがビジネス感覚が自然と身について、会計処理がハイレベルになります。
後に大きなキャリアアップにつながることでしょう。

コンサルティングファームやITコンサルファーム

そしてコンサルティングファームやITコンサルファームです。
海外の子会社に総合的なアドバイスを行う国際ビジネスコンサルティングや、欧米型会計システムの導入に際してアドバイスをする会計システムコンサルティングなど、様々な活躍分野が期待できます。
業務内容はきついですが、給与面においてはかなり恵まれていると言えるでしょう。

米国公認会計士に向いている人の特徴

外資系企業に転職をしたい人

このような米国公認会計士に向いている人の特徴としては、海外で働きたい、英語が好きな人が挙げられます。
外資系企業に転職をしたいと考えている場合には、特に資格取得はお勧めです。

英会話力がある人

英会話力、また会計の知識があると認められるので、日本企業ではかなりの需要が高まっています。
海外赴任を任せられる可能性も高まることでしょう。
英語能力が必須であり、TOEIC800点以上、英検準1級以上が1つの目安です。
試験はすべて出題が英語であり、合格した後も実地教育を積む必要があるため、英語の勉強が好きな人にはお勧めです。

問題解決能力がある人

さらには問題解決能力がある人です。
公認会計士試験は難関試験の1つにあたり、合格するためにはコツコツと勉強をしていく必要があり、さらには論理的な思考力も必要です。

まとめ

試験においては数学的な要素が出題される事はほとんどないものの、税務や会計における高い知識が必要なので、理系の人にはお勧めの資格です。

プロパンガス会社で値段が違うって本当?

「プロパンガス会社の乗り換えを検討中」
「プロパンガスと都市ガスの違いについて知りたい」
「プロパンガスの値段相場はどれぐらい?」

プロパンガスを使用している人のほとんどは、ガス会社から請求される料金に従って支払いを行っており、あまりその料金について詳しく考えた事は無い場合が少なくありません。
最近では燃料費の高騰がニュースでも報道されるようになっているため、値上げが起こっても仕方がないと納得してしまうことが多いものです。
しかしこのガス料金は実際にはガス会社によって異なり、自分の契約しているところが他社に比べて非常に高い場合もあるため注意をすることが大切です。

【特集】料金相場と地域最安値もわかる!プロパンガス会社検索「まちがす-MACHIGAS」
プロパンガス会社ランキング

ガスの料金の決め方

このようなことが起きる理由は、ガスの料金の決め方にあります。
ガス料金はそれぞれの業者が自ら自由に決めることができるようになっており、様々な物の値段とその決め方が変わらないため、社内の経営状況やコストの状態によってそれぞれの値段が違うことが多いのが実態です。
全国的に見ると月額で4000円程度違うと言うデータもあり、非常に安いところと高いところでその数字が異なるため、損をしていることも多いものとなっています。
一般的に公共料金の場合にはその金額を決めた段階で所管の自治体や国などに申請を行い、認可を求める仕組みとなっているのがほとんどです。
電気料金や携帯電話料金等はこの仕組みに則って各社が申請を行い、その際には具体的な根拠の説明が求められる場合も少なくありません。
このためこれらの料金は法外な利益を含むような金額の設定されることが少なく、どの会社でもほぼ同じような料金設定となることが多いものです。
しかしプロパンガスの場合にはこのような認可制度がなく、自由に決めることができるのがポイントです。

業者によってガス料金の違いが起こりにくい理由

ただし現在のように燃料費が高騰していると言う状況でなければ、業者によってその違いは起こりにくいと言う実態があります。
その理由は金額が安定しているため多くの人が自分のところは高いのではないかと言う疑問を持つ余裕があり、様々な料金比較を行おうとすることが多いためです。
また燃料費等のコストが安定している状況では、多くの業者も積極的に顧客を獲得するためにあえて他社よりも料金を引き下げ、新規顧客の獲得に積極的になると言うケースが少なくありません。
そのためそれぞれの価格が拮抗するようになり、その料金が安定する仕組みとなっています。
しかし燃料費が高騰すると多くの業者が値上げを行うようになるため、この場合に様々なこれまで料金に転嫁することができなかったコストを乗せてもあまり利用者に気づかれにくいといった潜在意識が働き、中にはこれまで抑えていた様々なコスト料金に転嫁して高額の値上げを行う業者も増えてきます。

【特集】プロパンガスの値上げを回避する方法

燃料費が高騰していると大幅に値上げが起きやすい

これによって業者間の料金の違いが生まれ、大きな差を生み出すことになります。
さらに燃料費が高騰しているのだからとその値上げの理由が利用者に納得されやすいことも、大幅に値上げが起きやすい背景となっています。
利用者はこのようなときには積極的に価格の比較を行い、万が一現在利用しているガス会社が高いと感じた場合には、乗り換えを検討することが良い方法です。
ガスの料金はこのような特殊性を持っているため、自分で自由に選ぶことができるのがポイントとなっており、特にプロパンガスの場合にはガスボンベを交換するだけで利用することができることから、非常に簡単に乗り換えを行うことができるのもポイントとなっています。
最近では多くのガス会社が様々なサービスを拡充させ、顧客離れを防いでいる傾向があります。
購入すると非常に高額となる様々な設備をガス料金と同様に月額の分割で支払う仕組みとしたり、あるいは長期契約の条件に設備の無償提供を行うと言うことも少なくありません。
乗り換える場合にはこれらの設備は撤去されることとなり、新たに自ら用意をしなければならないためその費用を十分に考慮することも大切です。
最近では都市ガスの整備が様々な地域にまで進んでおり、その料金を安いことから都市ガスに乗り換えたいと考える人も多くなっています。

プロパンガスと都市ガスでは全くその性質が異なる

しかし注意しなければならないのはプロパンガスと都市ガスでは全くその性質が異なるため、単純に乗り換えるだけではなく様々な設備の交換や利用上の注意などが生まれることです。
まず設備はその仕様が異なるため、すべての器具を交換しなければなりません。
ガス自身もプロパンガスに比べて都市ガスは火力があまり強くならないように設定されており、そのために街中で営業する料理店などは都市ガスを利用することができる環境であるにもかかわらず、あえてプロパンガスを使用すると言うケースも多くなっています。
加えて都市ガスは独特の匂いが付けられていると言う問題もあり、料理をする場合には注意をすることが必要となります。
これは一般家庭ではあまり気にならないレベルのものですが、飲食店の場合には料理の出来上がりに影響を及ぼす場合もあるため、神経質になっているところも多いのが実態です。

まとめ

ガス料金はそれぞれの会社が独自に決めており、十分に比較をすることで安くすることができます。
この点を覚えておくと、ガス料金を見直す上で非常に有効な情報となります。

【横山氏の教え】スタートアップ企業に就職することのメリットやデメリット

「スタートアップ企業に就職するメリットはあるのか?」
「スタートアップとベンチャーの違いって何?」
「横山英俊氏の評判が知りたい」

スタートアップ企業と呼ばれる言葉を耳にしたことがある人も多いかもしれません。
ベンチャー企業と言う方が聞いたことがあるかもしれませんが、とは言え具体的にどのような企業なのかわからないと言う人は多いかもしれません。
スタートアップ企業で働く上でのメリットやデメリット等について、しっかりと把握した上で、就職した後に後悔することのないように気をつけましょう。

横山 英俊のプロフィール – ANGEL PORT

USCPAの資格取得は転職が有利に働く

株式会社ゴールドリンクで資産運用を始めることのメリット

【光本塾】投資家になるために知っておきたいこと

スタートアップ企業とは?横山英俊氏に聞く

そもそもスタートアップ企業とはどのような企業のことを言うのかと言うと、明確な定義はありません。
ベンチャー企業の方が聞き慣れた言葉ではありますが、ベンチャーには危険を伴う冒険などの意味を持ち合わせています。
ここから派生した上で、日本においては新しい技術やビジネスモデルを展開して成長する企業のことを指しています。
このようなことから成長志向、新規性を持つ企業がスタートアップ企業に該当します。
成長志向に関しては、新しいものを生み出すための指標にもなり得るものであり、資本金や出資の総額、従業員の人数等と言う観点においては中小企業に分類されていたとしても、成長志向が高ければベンチャー企業に該当します。

ベンチャーとスタートアップの違いは新規性

根本にあるものとしては新規性であり、新しいことに対しては大きな変化が伴うことから、場合によっては授業内容や社内での体制が曖昧な状況になることもあります。
その中でもスタートアップ企業は会社を立ち上げて間もない段階のベンチャー企業であり、企業の体制や授業の具体性が定まっておらず、会社の方向性を決めようとしている段階です。
このようなことから少数精鋭のプロの集団であるケースが多く、中には新卒採用を実施していないケースもあります。
スタートアップからやや進むと事業内容がある程度固まった上で、資金調達が住んで組織作りに邁進する9成長期に入ることになります。
このフェーズがベンチャー企業であり、新卒採用スタートするタイミングもこの時期に該当するでしょう。

スタートアップの給与は比較的安いケースが多い

このような企業で働くことにはメリットやデメリットがありますが、気になることとしてはやはり給与が挙げられます。
給与に関しては比較的安いケースが多く見られます。
これから事業を成長させていかなければならない段階であり、休養を高く設定する事は、経営陣にとてもリスクにつながります。
しかし固定給が低くても、自分が頑張った分だけインセンティブがもらえたり、ストックオプションがあるなど、メリットも持ち合わせていると言えるでしょう。
福利厚生に関しては大手企業と比べた場合には、やはり資産の面では劣るため福利厚生が整っていないケースが多いです。
しかし事業の推進に役立てようと、福利厚生を充実させる企業も増えてきています。
会社の近くに住む人に対して住宅補助を支払うことにより、社員同士の交流を増やす、採用力を上げるためにおしゃれなオフィスにするなどの事が該当します。

社風に関して

必要な制度に関しては自分から声をあげることで作り上げることも可能です。
そして社風に関しては、学生の起業家が立ち上げたのか、一般企業で経験を積んだ人が立ち上げたのかにより、また集まる人材が異なります。
これにより社風も大きく変わることでしょう。
学生の起業家が立ち上げた場合には、価値観が似ている人同士が集まる傾向が高いです。
だからこそ勢いがあって、意志の決定のスピードも速いと言えるでしょう。
社会人経験を持っている人が集まった場合には、それぞれの領域で知識や経験を積んだプロが集結していることから、キャリアのロールモデルに関しては多岐にわたると言えるでしょう。
専門性を持つプロしか必要としない時期に、このような企業に新卒で入社する事はかなり難しいです。
とは言え入社して活躍できる力があるのであれば、プロ集団にもまれてネットワークを広げられるので、今後のキャリアの大きな糧にもなります。

スタートアップ企業の将来性

そして将来性ですが、成長過程にありまだ安定が見られないため、メリットがあれば将来性です。
将来大きく成長する可能性が秘められているものの、場合によっては事業が継続できなくなるリスクもあります。
事業により当たり外れがあるため、将来性を正確に把握することはなかなか難しいです。
このようなスタートアップ企業で働くのに向いている人としては、楽観的で変化思考、そして多様なものを受け入れることができ知らないものに出会うことが好きな人が向いているといえます。
実際に入社して働いている人の入社理由としては、一番回答が多いものが仕事内容です。
これまでにやっていた内容に関連した事業であったことや、これから成長産業で働くことができる業界であること、最先端の技術を近くで見られるなどの理由があります。

まとめ

また自分自身の成長に繋げたいと言う思いがある人も多く、様々な資格を取得できる環境が整っているので、ステップアップすることができる、若手のうちから難しい課題に取り組ませてもらえる可能性があることなどが挙げられます。
その他にも企業の成長性を見たり社風、福利厚生に惹かれる人も多いです。