USCPAの資格取得は転職が有利に働く

「USCPAの資格を取りたい」
「監査法人の年収は?」
「USCPAの資格取得に向いている人は?」

ビジネスに携わる上でキャリアアップを狙いたいと思う人も多いかもしれませんが、キャリアアップの1つの手段として資格取得が挙げられます。
キャリアアップにつながる資格の1つに、米国公認会計士と呼ばれるものがあります。
米国公認会計士は英語で表すとUSCPAということになりますが、会社を経営する上で重要となる会計や財務、財務などのような基本的な能力があると認められた会計士資格のことを指しています。
一般的に資格を有していると、監査法人や金融系の企業、外資系企業などに勤めることができ、給与水準も高くなります。

【横山氏の教え】スタートアップ企業に就職することのメリットやデメリット

監査法人等の場合には30代でも年収が1000万円を超える可能性も

監査法人等の場合には30代でも年収が1000万円を超える可能性も大いに期待できます。
アメリカ国内で名の知られている監査法人等においては、必ず米国公認会計士の資格が必要です。
日本においても海外とのつながりがある企業や監査法人等においては、会計専門職、コンサルティング会社などにより資格を生かすことができるでしょう。
日本においては企業におけるグローバル化が進みつつあり、投資先の経営分析を行う際には英文財務諸表を読み取ることができる米国公認会計士の需要が高まっています。
大手会計事務所においても、日本の公認会計士と同じような扱いを受けられたりと、日本国内ではキャリアアップ、転職にも非常に有利だと言われています。

米国公認会計士の資格を取得するメリット

グローバルに活躍できる

米国公認会計士の資格を取得することのメリットとしては、なんといってもグローバルに活躍できることです。
国際的に1番よく知られている資格の1つにあたり、グローバルに事業展開する企業の採用担当者にも認識されています。
採用選考の際には資格を持っていることで高評価につながる可能性が期待できます。
カナダやオーストラリア、香港などの場合には相互承認制度があるので、新しく会計士の資格を取得しなくても働くことができます。

英語能力の証明にもつながる

そして英語能力の証明にもつながることです。
米国公認会計士の資格を取得したいとなった場合には、会計実務について英語で学ぶ必要があります。
財務用語などを理解する英語力は必須事項と言えるでしょう。
英語で自分の考えを表現しなければならず、資格保有者であると言う事は、優れた英会話力があることの証にもなるのです。
日本はグローバル化が進んでいますが、このようなことから世界に通用するような英語力がどのような分野でも求められています。
ビジネス英語を操ることができる能力を表明する手段として、大きな武器になります。

転職の範囲も広がる

さらには転職の範囲も広がります。
グローバルに事業を展開する企業では、米国公認会計士が幅広い業種で必要とされているのが実情です。
転職、キャリアアップを狙うのであれば、近くを保有していれば非常に有利に働きます。
外資系企業においても転職しやすい傾向にあり、転職の幅が大きく広がります。

米国公認会計士が求められる業種

外資系企業の経理職

このような米国公認会計士が求められる業種としては、まずは外資系企業の経理職が挙げられます。
日本の一般企業と比べると給与面でもかなり恵まれています。
日本の子会社での勤務となるため、親会社に対して報告することが1つの業務になり、業務内容はある程度限られることでしょう。

監査法人や会計事務所

そして監査法人や会計事務所です。
会計士のスキルを高めたいと言う人に最もオススメであり、給与面でも日本の公認会計士と比べてもそれほど違いはありません。
専門性の高い求人が多く、中途採用の門戸はそれほど広いものとは言えないでしょう。
仕事は忙しいですがビジネス感覚が自然と身について、会計処理がハイレベルになります。
後に大きなキャリアアップにつながることでしょう。

コンサルティングファームやITコンサルファーム

そしてコンサルティングファームやITコンサルファームです。
海外の子会社に総合的なアドバイスを行う国際ビジネスコンサルティングや、欧米型会計システムの導入に際してアドバイスをする会計システムコンサルティングなど、様々な活躍分野が期待できます。
業務内容はきついですが、給与面においてはかなり恵まれていると言えるでしょう。

米国公認会計士に向いている人の特徴

外資系企業に転職をしたい人

このような米国公認会計士に向いている人の特徴としては、海外で働きたい、英語が好きな人が挙げられます。
外資系企業に転職をしたいと考えている場合には、特に資格取得はお勧めです。

英会話力がある人

英会話力、また会計の知識があると認められるので、日本企業ではかなりの需要が高まっています。
海外赴任を任せられる可能性も高まることでしょう。
英語能力が必須であり、TOEIC800点以上、英検準1級以上が1つの目安です。
試験はすべて出題が英語であり、合格した後も実地教育を積む必要があるため、英語の勉強が好きな人にはお勧めです。

問題解決能力がある人

さらには問題解決能力がある人です。
公認会計士試験は難関試験の1つにあたり、合格するためにはコツコツと勉強をしていく必要があり、さらには論理的な思考力も必要です。

まとめ

試験においては数学的な要素が出題される事はほとんどないものの、税務や会計における高い知識が必要なので、理系の人にはお勧めの資格です。

【横山氏の教え】スタートアップ企業に就職することのメリットやデメリット

「スタートアップ企業に就職するメリットはあるのか?」
「スタートアップとベンチャーの違いって何?」
「横山英俊氏の評判が知りたい」

スタートアップ企業と呼ばれる言葉を耳にしたことがある人も多いかもしれません。
ベンチャー企業と言う方が聞いたことがあるかもしれませんが、とは言え具体的にどのような企業なのかわからないと言う人は多いかもしれません。
スタートアップ企業で働く上でのメリットやデメリット等について、しっかりと把握した上で、就職した後に後悔することのないように気をつけましょう。

横山 英俊のプロフィール – ANGEL PORT

USCPAの資格取得は転職が有利に働く

株式会社ゴールドリンクで資産運用を始めることのメリット

【光本塾】投資家になるために知っておきたいこと

スタートアップ企業とは?横山英俊氏に聞く

そもそもスタートアップ企業とはどのような企業のことを言うのかと言うと、明確な定義はありません。
ベンチャー企業の方が聞き慣れた言葉ではありますが、ベンチャーには危険を伴う冒険などの意味を持ち合わせています。
ここから派生した上で、日本においては新しい技術やビジネスモデルを展開して成長する企業のことを指しています。
このようなことから成長志向、新規性を持つ企業がスタートアップ企業に該当します。
成長志向に関しては、新しいものを生み出すための指標にもなり得るものであり、資本金や出資の総額、従業員の人数等と言う観点においては中小企業に分類されていたとしても、成長志向が高ければベンチャー企業に該当します。

ベンチャーとスタートアップの違いは新規性

根本にあるものとしては新規性であり、新しいことに対しては大きな変化が伴うことから、場合によっては授業内容や社内での体制が曖昧な状況になることもあります。
その中でもスタートアップ企業は会社を立ち上げて間もない段階のベンチャー企業であり、企業の体制や授業の具体性が定まっておらず、会社の方向性を決めようとしている段階です。
このようなことから少数精鋭のプロの集団であるケースが多く、中には新卒採用を実施していないケースもあります。
スタートアップからやや進むと事業内容がある程度固まった上で、資金調達が住んで組織作りに邁進する9成長期に入ることになります。
このフェーズがベンチャー企業であり、新卒採用スタートするタイミングもこの時期に該当するでしょう。

スタートアップの給与は比較的安いケースが多い

このような企業で働くことにはメリットやデメリットがありますが、気になることとしてはやはり給与が挙げられます。
給与に関しては比較的安いケースが多く見られます。
これから事業を成長させていかなければならない段階であり、休養を高く設定する事は、経営陣にとてもリスクにつながります。
しかし固定給が低くても、自分が頑張った分だけインセンティブがもらえたり、ストックオプションがあるなど、メリットも持ち合わせていると言えるでしょう。
福利厚生に関しては大手企業と比べた場合には、やはり資産の面では劣るため福利厚生が整っていないケースが多いです。
しかし事業の推進に役立てようと、福利厚生を充実させる企業も増えてきています。
会社の近くに住む人に対して住宅補助を支払うことにより、社員同士の交流を増やす、採用力を上げるためにおしゃれなオフィスにするなどの事が該当します。

社風に関して

必要な制度に関しては自分から声をあげることで作り上げることも可能です。
そして社風に関しては、学生の起業家が立ち上げたのか、一般企業で経験を積んだ人が立ち上げたのかにより、また集まる人材が異なります。
これにより社風も大きく変わることでしょう。
学生の起業家が立ち上げた場合には、価値観が似ている人同士が集まる傾向が高いです。
だからこそ勢いがあって、意志の決定のスピードも速いと言えるでしょう。
社会人経験を持っている人が集まった場合には、それぞれの領域で知識や経験を積んだプロが集結していることから、キャリアのロールモデルに関しては多岐にわたると言えるでしょう。
専門性を持つプロしか必要としない時期に、このような企業に新卒で入社する事はかなり難しいです。
とは言え入社して活躍できる力があるのであれば、プロ集団にもまれてネットワークを広げられるので、今後のキャリアの大きな糧にもなります。

スタートアップ企業の将来性

そして将来性ですが、成長過程にありまだ安定が見られないため、メリットがあれば将来性です。
将来大きく成長する可能性が秘められているものの、場合によっては事業が継続できなくなるリスクもあります。
事業により当たり外れがあるため、将来性を正確に把握することはなかなか難しいです。
このようなスタートアップ企業で働くのに向いている人としては、楽観的で変化思考、そして多様なものを受け入れることができ知らないものに出会うことが好きな人が向いているといえます。
実際に入社して働いている人の入社理由としては、一番回答が多いものが仕事内容です。
これまでにやっていた内容に関連した事業であったことや、これから成長産業で働くことができる業界であること、最先端の技術を近くで見られるなどの理由があります。

まとめ

また自分自身の成長に繋げたいと言う思いがある人も多く、様々な資格を取得できる環境が整っているので、ステップアップすることができる、若手のうちから難しい課題に取り組ませてもらえる可能性があることなどが挙げられます。
その他にも企業の成長性を見たり社風、福利厚生に惹かれる人も多いです。

株式会社ゴールドリンクで資産運用を始めることのメリット

資産運用のやり方には色々なものがありますが、株式会社ゴールドリンクを利用する場合は金投資を行うことができます。
株やFXなどの投資を資産形成手段として思い浮かべる人は非常に多いですが、金投資も人気が高いです。
金投資を行えるサービスはたくさんありますが、株式会社ゴールドリンクならではのメリットもあります。
これから資産運用を始めたい人や金投資に興味がある人は、このサービスで資産運用を開始することの利点を知っておくと良いでしょう。

【横山氏の教え】スタートアップ企業に就職することのメリットやデメリット

知識が豊富なアドバイザーが手厚くサポート

まず、こちらを利用するのであれば知識が豊富なアドバイザーが手厚くサポートしてくれます。
投資家のプロに対してもアドバイスを行っているほどの実績があるため、初歩的な知識を授けてほしい方からハイレベルなアドバイスをもらいたい方まで満足できるはずです。
ただ金地金を販売しているだけではなく、お客様が希望する資産運用が実現できることを心がけている点が魅力的だと言えるでしょう。
初めての投資で右も左も分からない人、投資経験はあるけれど今まで以上の利益を求めたいと考えている人などにピッタリです。

ライフスタイルを考慮した積み立てプランを考えてもらえる

株式会社ゴールドリンクを利用するのであれば、ライフスタイルを考慮した積み立てプランを考えてもらえます。
全て自分で決めることができるサービスもありますが、ライフスタイルに一致しないプランでは後々トラブルが発生することもあるでしょう。
十分な経験と知識を持ったアドバイザーがプランを提案してくれるため、提案された内容を参考にしながらプランを決定することができます。
自分でプランを考えることが心配な人だけでなく、忙しさからじっくりプランを考えることが難しい人にも最適です。

確定型純金積み立てが採用されている

確定型純金積み立てが採用されていることも株式会社ゴールドリンクの魅力だと言えます。
最初に1kg分の購入金額を確定させておくことができるため、金価格の変動に関係なく積み立てていくことが可能です。
こうした仕組みが採用されていないサービスを利用すると、いつ目標量の購入を完了させられるのか分からないという問題が発生することがありますが、確定型純金積み立てではいつまでに積み立てが完了するのかハッキリと分かります。
余分なコストが発生しませんし、金価格の変動を心配することによるストレスを感じることもないでしょう。

取り扱い商品の豊富さ

取り扱い商品の豊富さも魅力的な部分です。
株式会社ゴールドリンクは純金積み立てを実施できることで有名ですが、他にもプラチナ積み立てやシルバー積み立て、パラジウム積み立てなどを選ぶことができます。
もちろん、純金積み立てと同時に行うこともできるため、分散させることでリスクを下げたり利益率を高めたりする効果を期待することができるでしょう。
様々な商品が用意されているので、自分に合ったものを選んで資産運用をスタートさせることができます。

金工芸品制作を行っている

金工芸品制作を行っていることも特徴的であり、保有している金や銀、プラチナなどを素材とした工芸品の制作が依頼できるでしょう。
動物や縁起物、楽器を模した工芸品などが制作されることが多いですが、希望に応じて様々な種類のオブジェや仏具などをつくってもらえます。
金などを保有するだけでなく、いずれは加工して所有したいと考えている場合にも便利です。

税金対策を行いやすい

税金対策を行いやすいところも魅力だと言えます。
たとえば、1kgの金をそのまま売却したり贈与したりすると、たくさんの所得税や住民税、贈与税などが発生することになるので注意が必要です。
けれども、こちらでは精錬加工を依頼することができ、1kgのインゴットであれば100gを10枚にすることができます。
分割した上で少しずつ売却や贈与を実施すれば納税額を0円にすることも可能です。
せっかくの利益から多額の税金を引かれることになるとガッカリするでしょう。
精錬加工がないサービスでは決められた通りに税金を払うしかありませんが、こちらを利用しておけば効果の高い税金対策を講じることができます。
資産形成を行う上で税金の問題は切っても切れない部分ですが、税金に関する不満を抱えることがなくなるでしょう。

まとめ

金投資ができるサービスは数多くありますが、このような特徴があることから株式会社ゴールドリンクがおすすめです。
専門家による丁寧なサポートが受けられることから満足度の高い資産運用にすることができますし、取り扱い商品の豊富さや税金対策が充実しているところも大きなプラスポイントだと言えます。
金の取り扱いで有名な企業はたくさんありますが、知名度だけで選んでしまうと十分なサポートがなくて運用が上手くいかない、税金対策がなくて多額の税金が発生するという問題が生じかねません。
安心して投資を始めたい、後悔しない内容にしたいと考えるのであれば、この会社の利用を検討するべきだと言えます。
資料請求やお問い合わせにも対応しているため、気になるのであればまずは資料から具体的な情報を集めたり、問い合わせで簡単な相談を行ったりすることがおすすめです。

関連情報:株式会社ゴールドリンクの会社情報と与信管理

Gマークの特徴やメリット

Gマークは貨物自動車運送事業安全評価事業のことであり、国土交通省が始めた制度で利用者が安全性の高い事業者を選ぶ際に役立ちます。
輸送で安全を確保することに対して積極的に取り組んでいる事業所を認定する制度ですが、簡単に取得するわけではなく条件を満たし認められる必要があります。

全日本トラック協会が評価項目を設定

全日本トラック協会が評価項目を設定しており、同機関内の安全性評価委員会で認定を行っており、申請するためには運輸開始から三年経過していることや、配置する事業用自動車が五台以上あることが条件となっています。
それだけではなく、虚偽の申請や不正な手段で申請が却下されてしまっていたり、評価の取消しを受けてしまった場合には、当該却下か申請年度後二事業年度を経過している必要があるなど条件が追加されるので気を付けましょう。

Gマークの認定の申請について

Gマークの認定の申請は、都道府県トラック協会に申請をすることで申請書や必要な資料は、全日本トラック協会に送付されます。
安全評価委員会では、Gマークの基準を満たしているのか評価され、クリアして初めてマークを取得することができるという流れです。
もちろん必ずしも取得していなければならないというわけではありませんが、取得していることによるメリットは多々あることは間違いありません。
違反点数の消去やIT点呼の導入、点呼の優遇を受けることができたり、安全性優良事業所表彰や補助条件の緩和、基準緩和自動車の有効期間の延長などの利点があげられます。

Gマークを取得している営業所の事故の割合に関して

運送業に関してはいかに安全かという点が信頼につながり、ビジネスにも直結するポイントとなってくるのでマークを取得しておくことによるメリットはかなり大きいと言えるのではないでしょうか。
Gマークを取得している営業所の事故の割合に関しては、未取得の営業所と比較すると半分以下になっているという点も、信頼につながっているポイントとなっています。
近年ではマーク認定を受けた運送会社としか取引をしない会社も増えており、マーク取得はビジネスに大きな影響を与えることが増えていることは確かです。

まとめ

運転者への指導教育を始めとした安全性向上に対する取り組みをする必要があるので手間がかかったり、認定申請のためには資料作成をしなくてはならないなどの手間はありますが、先のビジネスを考えるのであれば取得しておいたほうが利益が大きくなる可能性が高く、取得して損をすることはないので悩んだ際には取得するようにしましょう。

Gマーク取得

食品パッケージと製造現場の安全管理

食品のパッケージにはいくつかの要素があり、消費者が安全に食べることを目的として包装されることになります。
例えば外部との遮断がされていない場合には、埃や汚れなどが付着して衛生的ではありません。
虫などが寄ってきてしまい異物の混入や虫害が発生してしまうことも考えられます。
そのようなことが起きないように、生産現場を経て包装場でパッケージを施されて段ボールなどに詰められて、スーパーやコンビニに運ばれることによって市場に流通するのです。

食品包装の工程について

生産ラインでは商品の目視検査を行い、添付品の投入や加工を行い、透明ビニールで包装したりカップ容器で包んだりなどをしてから、外装の処理を行い金属検査やX線での異物混入などの検査を行ってから、良品だけを出荷するようにしています。
不良の疑いがある場合には、ラインの外に一度弾かれますので、さらに再検査を行い問題がなければラインに流されて製品かされるのです。
こうした二重三重の安全処理を行うことで、不良品の発生を抑えて食の安全を確保しています。
包装場では機械が主な作業をしてくれますが、機械に具材を投入したり資材を付け足すのはオペレーターの役割になるのです。
一日の生産量を把握して製品の切り替えがある時には、同じ商品の中に違う具材などが混入しないように注意して仕事をすることになります。

ミスマッチが起きないようなマネジメントも現場単位で行われる

限定生産品などを多く作るラインでは切り替え作業が多いので、添付品の在庫を把握しておき、ミスマッチが起きないようなマネジメントも現場単位で行われるのです。
これはトレー容器やカップ容器などでも同様であり、各部材の在庫を正しく把握しておかなければ予定数が生産出来なくなり、関係各所に迷惑をかけてしまうことになります。
食品の包装をする時にはビニールや包装紙などのロールを機械にセットして、高速回転させてアッセンブリーを行います。
製品をパッケージで挟んでしまったり、熱圧着部分に噛んでしまうこともありますので注意が必要です。
包装部分の圧着部に噛みが発生してしまうとそこから外気が触れてしまい、小さな虫などが混入する原因にもなりかねません。
だからチェックは目視で行うと共に、画像診断の機械も通してダブルチェックをする流れが通常になります。

大手食品会社ではPPMという100万個あたりの不良率の目標がある

大手食品会社ではPPMという100万個あたりの不良率の目標があり、少なければ少ないほど良いとされております。
極まれにですが金属検査をしていても、ラインを構成する金属パーツが行方不明になってしまうこともあるのです。
その場合には発覚時の製品を出荷を取りやめして、部品の検索や商品の全数検査や廃棄をすることも考えられます。
製品を作るには電気代や材料代や人件費などの大きな出費がありますが、製品の信頼を守り消費者に不利益になることをしないことがメーカーの責任になるのです。
だからこそ普段から製品作りだけではなく、ラインの保守点検などが必要になります。
そしてラインのパーツが脱落しやすいなどのデメリットがあるのならば、対策を考えて異物混入を防がなければなりません。
製品に関しての検査も定期的に行い、成分表通りの素材で作られているかなどを確認します。
また微生物の数が規定内であることや、試食してみて問題がないかなども定期的にチェックされるのです。

中小企業の場合には外部のデザイン会社へ委託

こうした仕事には品質管理の人員が担当して、結果に問題があればラインを停止させなければいけません。
とくに新商品などはチェックを複数回行って、味や品質を何度もチェックしながら生産と出荷を行っております。
食品のパッケージのデザインは大きな会社ならば自社内で行いますが、中小企業の場合には朋和産業など外部のデザイン会社へ委託することが通常の流れになります。
商品の画像の上に商品名のタイトルを置き、イメージと完成予想などをユーザーに分かってもらえるようにデザインをするのです。
通常は裏面やサイド部分に、内容量や成分表を載せておいて、さらにアレルギー物質などを表示するのが現在行われていることになります。
パッケージ部分には外装包装部分にロットナンバーと共に賞味期限が刻印され、何か問題が起こってしまった時には回収指示の目安になるのです。
現在の食品はプラスチックなどの合成素材で包装されるケースが多くありますが、場合によっては金属で缶詰として包装されることもあります。
保管期間が長いことがメリットであり、出荷前に殺菌消毒されてから市場に流通するので長期間の保存も可能なのです。
身近にある食品は現在スーパーやコンビニやドラッグストアで購入するケースが大半であり、生鮮の野菜や果物や魚や肉など以外はプラスチック容器で包装されております。

まとめ

安価で場所も取らずに確実に外部との遮断が出来るので、世界的にこの方式が主流になっているのです。
今後は海洋汚染や大気汚染や、石油の枯渇などの問題を背景にして脱プラスチック化が推進されております。
未来のパッケージを消費者単位で考えるべき時代が、すぐそこまでやってきているのです。