【横山氏の教え】スタートアップ企業に就職することのメリットやデメリット

「スタートアップ企業に就職するメリットはあるのか?」
「スタートアップとベンチャーの違いって何?」
「横山英俊氏の評判が知りたい」

スタートアップ企業と呼ばれる言葉を耳にしたことがある人も多いかもしれません。
ベンチャー企業と言う方が聞いたことがあるかもしれませんが、とは言え具体的にどのような企業なのかわからないと言う人は多いかもしれません。
スタートアップ企業で働く上でのメリットやデメリット等について、しっかりと把握した上で、就職した後に後悔することのないように気をつけましょう。

横山 英俊のプロフィール – ANGEL PORT

USCPAの資格取得は転職が有利に働く

株式会社ゴールドリンクで資産運用を始めることのメリット

【光本塾】投資家になるために知っておきたいこと

スタートアップ企業とは?横山英俊氏に聞く

そもそもスタートアップ企業とはどのような企業のことを言うのかと言うと、明確な定義はありません。
ベンチャー企業の方が聞き慣れた言葉ではありますが、ベンチャーには危険を伴う冒険などの意味を持ち合わせています。
ここから派生した上で、日本においては新しい技術やビジネスモデルを展開して成長する企業のことを指しています。
このようなことから成長志向、新規性を持つ企業がスタートアップ企業に該当します。
成長志向に関しては、新しいものを生み出すための指標にもなり得るものであり、資本金や出資の総額、従業員の人数等と言う観点においては中小企業に分類されていたとしても、成長志向が高ければベンチャー企業に該当します。

ベンチャーとスタートアップの違いは新規性

根本にあるものとしては新規性であり、新しいことに対しては大きな変化が伴うことから、場合によっては授業内容や社内での体制が曖昧な状況になることもあります。
その中でもスタートアップ企業は会社を立ち上げて間もない段階のベンチャー企業であり、企業の体制や授業の具体性が定まっておらず、会社の方向性を決めようとしている段階です。
このようなことから少数精鋭のプロの集団であるケースが多く、中には新卒採用を実施していないケースもあります。
スタートアップからやや進むと事業内容がある程度固まった上で、資金調達が住んで組織作りに邁進する9成長期に入ることになります。
このフェーズがベンチャー企業であり、新卒採用スタートするタイミングもこの時期に該当するでしょう。

スタートアップの給与は比較的安いケースが多い

このような企業で働くことにはメリットやデメリットがありますが、気になることとしてはやはり給与が挙げられます。
給与に関しては比較的安いケースが多く見られます。
これから事業を成長させていかなければならない段階であり、休養を高く設定する事は、経営陣にとてもリスクにつながります。
しかし固定給が低くても、自分が頑張った分だけインセンティブがもらえたり、ストックオプションがあるなど、メリットも持ち合わせていると言えるでしょう。
福利厚生に関しては大手企業と比べた場合には、やはり資産の面では劣るため福利厚生が整っていないケースが多いです。
しかし事業の推進に役立てようと、福利厚生を充実させる企業も増えてきています。
会社の近くに住む人に対して住宅補助を支払うことにより、社員同士の交流を増やす、採用力を上げるためにおしゃれなオフィスにするなどの事が該当します。

社風に関して

必要な制度に関しては自分から声をあげることで作り上げることも可能です。
そして社風に関しては、学生の起業家が立ち上げたのか、一般企業で経験を積んだ人が立ち上げたのかにより、また集まる人材が異なります。
これにより社風も大きく変わることでしょう。
学生の起業家が立ち上げた場合には、価値観が似ている人同士が集まる傾向が高いです。
だからこそ勢いがあって、意志の決定のスピードも速いと言えるでしょう。
社会人経験を持っている人が集まった場合には、それぞれの領域で知識や経験を積んだプロが集結していることから、キャリアのロールモデルに関しては多岐にわたると言えるでしょう。
専門性を持つプロしか必要としない時期に、このような企業に新卒で入社する事はかなり難しいです。
とは言え入社して活躍できる力があるのであれば、プロ集団にもまれてネットワークを広げられるので、今後のキャリアの大きな糧にもなります。

スタートアップ企業の将来性

そして将来性ですが、成長過程にありまだ安定が見られないため、メリットがあれば将来性です。
将来大きく成長する可能性が秘められているものの、場合によっては事業が継続できなくなるリスクもあります。
事業により当たり外れがあるため、将来性を正確に把握することはなかなか難しいです。
このようなスタートアップ企業で働くのに向いている人としては、楽観的で変化思考、そして多様なものを受け入れることができ知らないものに出会うことが好きな人が向いているといえます。
実際に入社して働いている人の入社理由としては、一番回答が多いものが仕事内容です。
これまでにやっていた内容に関連した事業であったことや、これから成長産業で働くことができる業界であること、最先端の技術を近くで見られるなどの理由があります。

まとめ

また自分自身の成長に繋げたいと言う思いがある人も多く、様々な資格を取得できる環境が整っているので、ステップアップすることができる、若手のうちから難しい課題に取り組ませてもらえる可能性があることなどが挙げられます。
その他にも企業の成長性を見たり社風、福利厚生に惹かれる人も多いです。