プロパンガス会社で値段が違うって本当?

「プロパンガス会社の乗り換えを検討中」
「プロパンガスと都市ガスの違いについて知りたい」
「プロパンガスの値段相場はどれぐらい?」

プロパンガスを使用している人のほとんどは、ガス会社から請求される料金に従って支払いを行っており、あまりその料金について詳しく考えた事は無い場合が少なくありません。
最近では燃料費の高騰がニュースでも報道されるようになっているため、値上げが起こっても仕方がないと納得してしまうことが多いものです。
しかしこのガス料金は実際にはガス会社によって異なり、自分の契約しているところが他社に比べて非常に高い場合もあるため注意をすることが大切です。

【特集】料金相場と地域最安値もわかる!プロパンガス会社検索「まちがす-MACHIGAS」
プロパンガス会社ランキング

ガスの料金の決め方

このようなことが起きる理由は、ガスの料金の決め方にあります。
ガス料金はそれぞれの業者が自ら自由に決めることができるようになっており、様々な物の値段とその決め方が変わらないため、社内の経営状況やコストの状態によってそれぞれの値段が違うことが多いのが実態です。
全国的に見ると月額で4000円程度違うと言うデータもあり、非常に安いところと高いところでその数字が異なるため、損をしていることも多いものとなっています。
一般的に公共料金の場合にはその金額を決めた段階で所管の自治体や国などに申請を行い、認可を求める仕組みとなっているのがほとんどです。
電気料金や携帯電話料金等はこの仕組みに則って各社が申請を行い、その際には具体的な根拠の説明が求められる場合も少なくありません。
このためこれらの料金は法外な利益を含むような金額の設定されることが少なく、どの会社でもほぼ同じような料金設定となることが多いものです。
しかしプロパンガスの場合にはこのような認可制度がなく、自由に決めることができるのがポイントです。

業者によってガス料金の違いが起こりにくい理由

ただし現在のように燃料費が高騰していると言う状況でなければ、業者によってその違いは起こりにくいと言う実態があります。
その理由は金額が安定しているため多くの人が自分のところは高いのではないかと言う疑問を持つ余裕があり、様々な料金比較を行おうとすることが多いためです。
また燃料費等のコストが安定している状況では、多くの業者も積極的に顧客を獲得するためにあえて他社よりも料金を引き下げ、新規顧客の獲得に積極的になると言うケースが少なくありません。
そのためそれぞれの価格が拮抗するようになり、その料金が安定する仕組みとなっています。
しかし燃料費が高騰すると多くの業者が値上げを行うようになるため、この場合に様々なこれまで料金に転嫁することができなかったコストを乗せてもあまり利用者に気づかれにくいといった潜在意識が働き、中にはこれまで抑えていた様々なコスト料金に転嫁して高額の値上げを行う業者も増えてきます。

【特集】プロパンガスの値上げを回避する方法

燃料費が高騰していると大幅に値上げが起きやすい

これによって業者間の料金の違いが生まれ、大きな差を生み出すことになります。
さらに燃料費が高騰しているのだからとその値上げの理由が利用者に納得されやすいことも、大幅に値上げが起きやすい背景となっています。
利用者はこのようなときには積極的に価格の比較を行い、万が一現在利用しているガス会社が高いと感じた場合には、乗り換えを検討することが良い方法です。
ガスの料金はこのような特殊性を持っているため、自分で自由に選ぶことができるのがポイントとなっており、特にプロパンガスの場合にはガスボンベを交換するだけで利用することができることから、非常に簡単に乗り換えを行うことができるのもポイントとなっています。
最近では多くのガス会社が様々なサービスを拡充させ、顧客離れを防いでいる傾向があります。
購入すると非常に高額となる様々な設備をガス料金と同様に月額の分割で支払う仕組みとしたり、あるいは長期契約の条件に設備の無償提供を行うと言うことも少なくありません。
乗り換える場合にはこれらの設備は撤去されることとなり、新たに自ら用意をしなければならないためその費用を十分に考慮することも大切です。
最近では都市ガスの整備が様々な地域にまで進んでおり、その料金を安いことから都市ガスに乗り換えたいと考える人も多くなっています。

プロパンガスと都市ガスでは全くその性質が異なる

しかし注意しなければならないのはプロパンガスと都市ガスでは全くその性質が異なるため、単純に乗り換えるだけではなく様々な設備の交換や利用上の注意などが生まれることです。
まず設備はその仕様が異なるため、すべての器具を交換しなければなりません。
ガス自身もプロパンガスに比べて都市ガスは火力があまり強くならないように設定されており、そのために街中で営業する料理店などは都市ガスを利用することができる環境であるにもかかわらず、あえてプロパンガスを使用すると言うケースも多くなっています。
加えて都市ガスは独特の匂いが付けられていると言う問題もあり、料理をする場合には注意をすることが必要となります。
これは一般家庭ではあまり気にならないレベルのものですが、飲食店の場合には料理の出来上がりに影響を及ぼす場合もあるため、神経質になっているところも多いのが実態です。

まとめ

ガス料金はそれぞれの会社が独自に決めており、十分に比較をすることで安くすることができます。
この点を覚えておくと、ガス料金を見直す上で非常に有効な情報となります。