【光本塾】投資家になるために知っておきたいこと

「投資家になる方法を知りたい」
「投資家ってどれぐらい資金が必要なの?」
「光本勇介さんの評判や経歴が知りたい」

投資家と聞いて、どのような職業なのかはっきりとイメージできる人は少ないのではないでしょうか。
投資家とは投資によって収入を得ている人のことを指します。
主に株式や投資信託・債券・外貨預金・金などの商品などによって、資金を継続的に運用して、利益を得ます。
例えば不動産の場合は、不動産に資金を投じて、継続的に家賃収入として利益を生み出している人達や、所有している物件や土地などの価格が上がった時に売りに出すことで、大きな利益を得ている人達等を指します。
わかりやすく言うと、金融資産を投じて収入を得ることができる人達と言うことです。

【横山氏の教え】スタートアップ企業に就職することのメリットやデメリット

光本勇介さんのような個人投資家の特徴

個人投資家は、読んで字のごとく光本勇介のように個人で投資をおこなっている人になります。
自身の資産を投資することで利益を得ています。
趣味の範囲で楽しんで投資をおこなっている人や、資産を運用して今よりも大きな資産にすることを目的として投資をしている人・副業として投資をしている人など目的はそれぞれ異なります。
専業投資家は、投資による収入だけで生計を立てている人のことを言います。
短期的な取引をおこなって確実な利益を上げたり、株式の配当金や、不動産家賃の収入などを主な収入源として成り立っている人達のことを指します。
機関投資家とは、会社などの組織属して投資をおこなっている人のことを呼び、顧客から預かった資金をもとに投資をするので、個人でおこなう投資に比べるとかなり大きな金額を取り扱うことになるといった特徴があります。
個人が購入することができる投資信託会社や、生命保険会社・損害保険会社・年金基金などの団体のことを指し、私たちが税金を納めて成り立っている国民年金の一部は、GPIFという機関が厚生労働省からの委託をうけ管理・運用しています。

個人投資家になる方法

ではこの職業に就くにはどのような方法があるのでしょうか。
必要な資格などいるのか疑問に思っている方は多いのですが、資格がなくてもなることができます。
しかし投資というものは、運任せで成り立つような簡単なものではないので、投資に関する知識を持っておくことが大切になります。
知識がないと、投資によって大切な資産を失ってしまうようなことになりかねないです。
投資によって利益を上げるためには投資に関する勉強や、日本経済の状況・世界情勢などのニュースを把握しておく必要があります。
学歴なども一切問わない職業になりますが、大学の経済学部・経営学部・商学部などを卒業していると、投資に活かすことができます。
株式投資で利益を出したい場合などは、経済学が有利です。
これから成長するであろう企業を見極めたり、企業の経営状況を判断することができるからです。
しかしこれらの投資に関する知識は、大学や専門的な学校を卒業しなくても、書籍やセミナーなどで学んで知識を身につけることが可能になるので、本人の努力次第ということになります。

始めるにあたってどのくらいの資金が必要になる?

では始めるにあたってどのくらいの資金が必要になるのでしょうか。
それは得たい年収によって資金の額は異なります。
特に専業で始める場合は利益を多く得る必要があるので、兼業に比べて大きな資金が必要です。
しかし趣味程度で投資をする場合などは、少額でも投資を始めることができるので大きな資金が無くても大丈夫です。
投資の種類もさまざまあり、株式投資や国債・投資信託などを挙げることができるので、どれか1つに絞るのではなく、分散投資をおこなってリスクを回避させることが大切なので、投資の種類のそれぞれの特徴を知っておくようにしましょう。
株式投資は企業が発行している株式を買って、企業に利益が出た際に得られる配当金や株主優待を受け取る投資の方法になり、投資と聞くとこの株式投資のことを頭に思い浮かべる方が多いといったことからメジャーな投資方法になります。
国債は国が発行する債券のことを指し、国債を買って国に貸し付けたお金は、期日になると返済される仕組みです。
その貸付期間の応じた利子を受け取ることで利益を上げることができます。
国債は一万円の少額から始めることができ、固定金利型3年満期・固定金利型5年満期・変動金利10年満期の3つの中から選べます。
国が元本を保証していて、最低金利保障もあるので、安全に投資をおこなうことができます。
投資信託は複数の人から資金を集めて専門家が運用する投資方法になります。
専門家が株式などに投資をおこなって運用することで、そこで得ることができた利益を投資した人達に分配するシステムになっています。
投資のプロが変わりに運用してくれるので、知識があまりない人や、初心者の人など安心して投資をすることができることが良い点です。

まとめ

投資家になった場合のメリットは、効率よく資産形成をすることができる点になります。
銀行の金利はとても低く資産形成には使えないのですが、利回りが良い投資をすることで、短期間で資産を増やすことを可能とします。
インタネットの環境があればどこでも仕事ができる点や、将来失業や定年の心配が無い点もメリットの部分になります。