アルコール依存症の症状や治療法について

⒈アルコール依存症とは

お酒をよく飲むシーズンになるとアルコール依存症という言葉を耳にする機会が多くなりますが、言葉は知っていても具体的な症状や経過がいったいどのようなものなのか、治療方法はお酒を強制的に断つということくらいしかわからない人が圧倒的に多いのが現状ではないでしょうか。

まさか自分がアルコール依存症になるなんて、簡単に考えていたら困ったことになった、ということがないように症状の程度や経過、現在の治療法についてよく理解しておくことが大切です。

アルコール依存症は長期間にわたり大量にお酒を飲み続けることによって進行する病で、しだいにお酒を飲まなくてはいられなくなる、はじめは習慣のつもりでお酒を飲んでいたのに飲まないと気分が晴れず飲むことに依存してしまう、少量では酔えなくなりお酒が切れるとイライラする、不安になるなどの症状が出てきたり、人によってはお酒を飲み始めるとひたすら飲み続け、飲んでは寝るを繰り返すこともあります。

これはアルコールの摂取によってえられる精神的な影響に囚われてしまい自分で飲む量や状況を調整できなくなっているためで、以前は意志の弱い人が発症すると思われがちでしたが、アルコールという薬物に依存することで脳に異常が生じていることが原因のため医師によるきちんとした治療が必要になってきます。

⒉アルコール依存症の症状について

初期症状としては飲酒をやめることでおきる寝汗や微熱、下痢や不眠といった軽い離脱症状で原因がアルコールだと気づかないこともありますし、医師に相談しても口頭注意でおわる場合がほとんどですが、症状が進んでくるとお酒を飲む時間が待ち遠しくなったり、いらいらが多くなることで自分でも違和感を覚えアルコール依存症ではないかと疑いはじめることになります。

身体的な症状としてはめまいや手の震えが生じたり、不注意や判断ミスが重なるといったことが起こり、さらに症状が進むと自分であらゆることがコントロールができない状態になり鬱を発症したり幻覚症状がでたり、肝臓に異常が生じたりして心身への影響も深刻なものへと進行していきます。

消化器系の異常で代表的なものは肝臓への影響で、まず脂肪肝になり、次にアルコール性肝炎やアルコール肝線維症へと進むことで発熱や腹痛などの自覚症状が出はじめ、それでも飲酒を続けると肝障害の末期である肝硬変へと移行し、最終的には命の危険に関わってくるまでになります。

⒊治療方法について

治療方法は初期の段階であれば摂取をやめれば放っておいても自然治癒で治りますし、症状が重篤でなく心身の状態が安定していて本人や周囲の人間が医師の指示に従い日々の生活を改善できる場合は外来で治療できることもありますが、かなり進んでしまったり本格的に治したい場合は入院が必要です。

治療方法は一生断酒を続けることが基本ですが、まずはじめにアルコールを抜く解毒治療によって依存症状や臓器障害、鬱病などの精神疾患を治療することから始まり、症状がおさまり体調が落ち着いてくると断酒を続けるための精神療法をおこないます。

ある程度の回復が見られたらリハビリ治療によって飲酒に対する考え方や行動を見直し、レクリエーション活動を主体とした集団活動に参加したりして退院後の日常生活のために訓練します。

退院した後もアフターケアとして断酒を継続するために専門施設に通い医師の指示に従うことが大切で、必要と判断されれば薬を服用することもあります。
アルコール依存症は本人はもちろんですが、身近にいる家族も巻き込むまれ非常に苦しい思いをすることになります。

発症しないためには飲まないのが一番ですが、なかなかそうもいかないでしょうから厚生労働省が示す1日の酒量を守るようにし、飲み過ぎる日が続いても早期に飲酒をやめれば自然治癒が可能なことから、最近酒量が増えてきたなと感じたら周囲にいる人はためらわずに注意してあげることが大切です。